バナナがすごい訳

0 comments

自然治癒力のススメ

なでしこカナダの皆さん、こんにちは。いつもこのコラム読んでいただきありがとうございます。

 

早いものでこのサイトへの健康に関する記事を投稿してから今回で36回目となります。ここでは健康というテーマでも特に自然治癒力というものに重きを置いて、少しでも皆さんのお役に立つ情報を提供しています。

 

健康で生活するには何が必要か?という質問に対する正しい答えについては、実際広範囲に及ぶ為、どれが自分に適しているかを見つけられないまま過ごしている人が少なくありません。それは、病気を未然に防ぐ方法よりも、対処療法にゆだねることの方がより簡単な世の中になっていることが要因だからです。

 

でも、わたしが学んだ自然治癒力を引き出す方法はいたって簡単なことです。自分の体のサインを見逃さないようにして心と体の状態を把握し、免疫力をアップさせる。それだけです。多くの読者の皆さんにより良い情報を提供できますよう、今後も時間が許す限り、健康コラムを続けていきたいと思います。

 

さて、36回目の今日は、わたしの常備食「バナナ」についてです。

 

先日、友人がFacebook に投稿した「バナナの驚異」で、改めて教えてもらった知識があり、是非ともこれを共有させていただきたいと思いました。そのバナナの持つ特性や優れた効能とは?まず、皆さんはバナナと言えば、真っ先にどんな効果を思い浮かべますか?

 

バナナにはスタミナの持続やビタミンや食物繊維の豊富さなどが挙げられると思いますが、他にもミネラルやたんぱく質が含まれていて、牛乳と一緒に摂ると全ての栄養素をまんべんなく摂ることができます。しかも、バナナ1本(100g)のエネルギーはたったの86Kcal 。このカロリーに対してビタミンCが16mgでリンゴ同量の4倍以上。また、ビタミンB1で消化液の分泌を良くし、B2で粘膜の発育を助けエネルギーの再生や代謝を促進します。そして、フルーツの中でもダントツの多さがあるのがカリウムで、余分な塩分の排出を促し血圧を調整する働きがあります。そして、女性にとって何より嬉しいのは、甘くて美味しいバナナが低カロリーであることです。通常のご飯半膳よりも少ないカロリーなんて嬉しいですよね。

 

何でもスポーツ選手の間では手放せない食品の一つだとか。1984年のロサンゼルスオリンピックでメダルラッシュを巻き起こしたアメリカ選手団が大量に食べたのがバナナで、大会期間中に用意されたバナナの量は120トンだったそうです。バナナは即効性のある最高のエネルギー源なんですね。

 

そして、忘れてはならない「自然治癒力のススメ」との関連ですが、体内の活性酸素の酸化を防ぐ「抗酸化力」が最も高いのがバナナです。人間が本来持っている免疫力を更に高める成分が豊富に含まれているのです。従ってガンの予防に効果があることが医療機関の研究で明らかにされています。バナナと免疫力の関係に関して、白血球の増加がみられたという研究結果を発表した帝京大学薬学部「山崎正利氏」は、その中でもまだ青い、あるいは買ってきたばかりの黄色いものより10日ほど経った熟して黒い斑点ができているバナナの方が白血球の数を5倍程度多くしたとしています。

 

さて皆さん、この栄養価と健康維持に優れた「バナナ」を積極的にとってはいかがですか?

 

<個人ブログ ”自然の恵み 4lifeトンラスファーファクター”>

 

…… Thank you ……

Masumi Ouchi

0 comments… add one

Leave a Comment