アンチエイジング美容法

0 comments

自然治癒力のススメ

皆さんこんにちは。

 

‘自然治癒を高める’のテーマでは、主に体の中の器官や神経細胞、血管などに重きを置いて、免疫システムを正常に機能させることにあると常々書いてきました。でも、他にも健康と切っても切れない関係にあるのが、女性にとって大切な「美容」です。

 

美容とは、簡単に言えば「容姿を美しく整えること」となりますが、単に容姿を綺麗に見せるだけではなく、美容は健康な体を作る上でとても大事な役割を持っているのです。そして、女性であれば肌や顔、髪などの美容には特に関心のあるところで、いつも綺麗でいたい!どんな時も妥協できない重要な体の一部ですよね。ですから皆さんも、これらのお手入れについては毎日気を使っているのではないでしょうか?

 

そこで、今回からその美容術について、何回か書いていこうと思います。その初回の今日は「肌荒れ」についてです。

 

まず、皆さんは1日何回石鹸や洗顔料で顔を洗っていますか?朝と夜2回の人、朝、昼、晩3回の人、メイク落としの後でもう一度洗顔する人、または汗をかく度に洗顔する人など、きっと様々なことと思います。これら清潔を保つ為に必要とされる洗顔ですが、実は洗いすぎが肌の細胞間脂質を奪い、保湿力が低下して、乾燥や肌荒れの原因になっていることも少ないないのです。これは、ニキビや吹き出物に対しても言えることで、洗いすぎがかえって肌の修復を遅らせる原因にもなっているので、洗顔をこまめにしているのにニキビが治らない!と思っている人は、大きな考え違いをしていると思ってください。

 

そして、洗顔は出来る限り回を少なくし、石鹸は無香料、無添加の刺激の少ないものを選んで使うようにします。メイクをしている場合は、肌に残らないよう完全に落とす必要がありますので、クレンジングオイルやクレンジングミルクなどで優しくマッサージした後に、洗顔料を使って汚れを洗い流します。

 

泡洗顔が良いとされていますが、それは肌への刺激が少ないからです。力を入れてゴシゴシ洗うよりは、泡の力で優しく落とす方が何だか良さそうですよね。でも、市販されている洗顔料には、水と油を混ぜる際に使われる「界面活性剤」が使用されています。これはたんぱく質を壊し、体内に吸収されると肝臓の細胞を破壊する毒性がある上に、皮膚に対して強い浸透性、残留性を持っています。数年前にクローズアップされたニュースで、お肌に良いとされたお茶の葉洗顔石鹸が、肌へのトラブルを招き一斉に回収されたという事件がありました。、世間の流行や宣伝などに惑わされないよう、洗顔料は体に悪影響を及ぼさない天然素材を使用することをお勧めします。

 

また、これは言うまでもありませんが、「スクラブ洗顔料」も極力避けた方がいいです。毛穴の汚れが気になるといって、粒子の粗い洗顔料でこすっても毛穴の汚れは落ちませんし、かえって毛穴を広げる原因になります。キメを整えたいなら、スクラブ洗顔料は避けた方がいいでしょう。

 

肌が綺麗な人に「どんなお手入れをしていますか?」と聞くと、「何もしていません」という答えが返ってくる場合が多いですよね。これは、何もしていないのではなく、お肌に良い基礎化粧の方法を知っている人なのだと思います。つまり、シンプルケアー(洗顔と化粧水と乳液)だけで、肌を綺麗に保つことができるのです。

 

そして、お肌が生まれ変わる周期(ターンオーバー)は通常28日~30日と言われていますが、この活動が最も盛んに行われるのが睡眠中です。睡眠中は成長ホルモンの分泌が盛んになり新陳代謝を促し、皮下組織の水分含有量を高めるので肌にハリが出てきます。その生まれ変わりを促進するピーク時は、午後10時から午前2時の間とされていますので、できるだけ夜更かしをしないで午前12時前までには就寝しましょう。

 

この何も特別なことをしなくても生まれ変わってくれるお肌の自然治癒力とシンプル洗顔の組み合わせが、肌荒れを予防してくれるに違いありません。

 

<個人ブログ ”自然の恵み 4lifeトンラスファーファクター”>

 

….. Thank you ……

Masumi Ouchi

0 comments… add one

Leave a Comment