無料のメルマガ登録で最新情報をGETしてくださいね!

≡ Menu

やっぱりカナダな成績表

春休みが始まりました!早速昨日はクラスメートとプレイデイト。妹弟、そしてママ達も大集合となったので、なかなか賑やかな会となりました。今までは日本人のママ友しか家に呼んだ事がなかったので、私にとっても初めての経験。エミリーがビー玉を誤って飲み込んでしまいビビりましたが、とりあえず数日後に下から出てきてくれる事を願うのみ。。。

 

春休みに入る前、レポートカードをもらってきました。そう、日本で言ういわゆる成績表。今回は2回目で、一番最初は冬休み前でした。冬休み前、春休み前、夏休み前、計3回もらうのは、順番こそ違えど、日本と同じですね。

 

とは言っても、日本の成績表に比べると、まぁなんともちゃっちいレポートカード(笑)。日本はちょっと厚紙になってて、なんというか重厚感がありますよね。今は違うのかなぁ。少なくとも私の時は、そのピシっとした感じに、「あぁ、成績表だわ!」と思った記憶が。

 

うって変わってカナダのレポートカード。カードとは名ばかりで、いわゆる普通の紙!!ちょっとしたフォルダーと封筒に入っていた点は多少特別感がありましたが、開いてみれば、それは普通のコピー用紙(笑)。今回はもう慣れましたが、クリスマス前にもらった時は、あまりの普通さにちょっとショックだった私。親が見たという確認の為、フォルダーにサインをして封筒に入れて返却します。ちなみにこんな感じ。あ、ハンナごめんよ、オープンにしちゃったぜ(苦笑)。

 

report-card

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

レポートカードはどうなっているかというと、先生からのちょっとしたコメント(何で遊ぶのが好きか、誰と遊んでいるか、学校での態度など)の次に、学校での生活態度(まぁ要は、ルールを守って、他の子と仲良く、積極性をもって過ごせているか)、そして科目に入っていきます。一応、英語、算数、社会、理科、体育、芸術とある様子。「ある様子」と書いたのは、別に日本みたいに教科書があって、それに沿って勉強してテストしてってやってる訳じゃないからです。正直社会とか理科は何をやってるのか全く分かりませんが、レポートカードには、

 

社会:家族のヒストリーや文化などについて説明して、自分自身の理解を深める

理科:天気、そして季節の変化を観察する

 

と書かれていたので、それをテーマにやっていたという事でしょう。言われてみれば、理科はそんな感じのクラフトをいくつか持って帰ってきていたなぁ。

 

 

評価は3段階。

Approaching Expectations (あと一歩)

Meets Expectations (良)

Fully Meeting (よく出来ている)

 

まぁ言っても幼稚園児。日本だと幼稚園では成績表はないですからね。ただ日本と違うのは、G1が始まっても同じ3段階評価になること。確か去年かな、方針が変わって、今までよりももっと高学年にならないとABCの評価にはならないようです。

 

とりあえず、学校での生活態度は問題なく、若干の英語のハンディがありながらも頑張っているみたいなので、ホッと一安心。欲を言えば、算数は家でもちょっと勉強してるので、Fully Meeting だと、私としてはもっと嬉しかったかな。まぁでも良しとしましょう!

 

色々心配だったキンダー。しょっぱなから先生に生活態度を注意されて不安だったけれど、それもすっかり過去の話。いっぱい友達作って仲良く遊び、毎日喜んで学校へ行くハンナ。気づけばもうあと残り数か月。子供が学校へ行き始めて、本当に一日があっという間に終わり、飛ぶように時間が過ぎていくな、と実感します。

 

.
Nadeshiko Canadaの無料メルマガ登録!
もっと色々知りたいと思ったら、是非登録して下さいね!最新情報をお届けします。
No Spam!