無料のメルマガ登録で最新情報をGETしてくださいね!

≡ Menu

バイリンガルに育てるって難しい!!

私も昔そう思っていたし、日本にいる私の親戚や友達は、ほとんどみんなそう思ってると思うけれど、

 

海外に住んでいれば、自然とバイリンガルになる

 

これって実は全然違うと、実際に海外で暮らしていると実感します。カナダに住んで子育てしてるっていうと、決まったように、

「あら、じゃお子さんは、英語と日本語両方話せていいわねー。」

って言われますが

「そんな簡単じゃないぞー!!」

って、声を大にして言いたくなる時が多々あります。

bilingual-11939586_m

 

 

 

 

 

 

 

 

確かに二言語、三言語、上手に話す子供達もいます。でもね、自然にじゃないんですよ。この自然にってとこがポイントなんですよね。自然にって言うと、特に何も努力しなくても勝手にどんどん話せるようになる印象を受けます。でも、そういう子供達って、子供達も当然ですが、日本語を話す親(もしくは両親)もとっても頑張ってると思うんですよね。努力なくして自然に話せるようになる、やっぱり言語ってそんなに簡単なものじゃないなー、とつくづく実感します。

 

そもそもバイリンガルって一口に言っても、とても難しい。どこまでをもって、その言語を話せるというのか。まず、そこなんですよね。例えばうちの娘ハンナ。確かに日本語も英語も話します。でも、どちらの言語もネイティブの子供達に比べたら、全く足りません。言われてる事は分かるし、自分の意思も伝えられる。でもペラペラかって言われたら、ペラペラには程遠いよねーって思います。まぁまだ5歳の幼稚園児なんでペラペラな訳はないんですが、それでも日本語が上手な子、英語が上手な子と比べると、少ししゃべればその差は歴然。

 

例えば、学校でこんな事をやったんだよ、と言いたい場合、まぁ英語と日本語が混ざってルー大柴みたい(笑)。しかも本人的には、英語でやってる会話を日本語に翻訳しないといけない訳ですから、もう文章ぐっちゃぐちゃ。正直に、「ごめん、何を言ってるかよく分からないから、もう一回言って。」とお願いしていると、仕舞いには、「何でマミーはわかんないの!!」と逆切れされる始末。。。だから私の場合、人からバイリンガルかって言われると、いつも

「まぁね、それなりにどちらの言語もわかってるけれど、どちらも中途半端な感じ。英語も日本語も、ネイティブの子の半分くらいだよ。」

と答えます。面白いもので、子供が遊ぶのにはあんまり言語は問題にならないようで、日本の幼稚園も喜んで通っていたし、カナダのキンダーも楽しく毎日行っています。あなたの言いたい事、ちゃんと伝わってるかね??と思うけれど、本人は全く気にしていない様子(笑)。あっぱれ、我が娘!!

 

キンダーに通い始めて丸っともうすぐ3か月になる娘は、まぁ今そんな状況なんですが、先輩ママに言われるのは、あっという間に英語が強くなるよ、という事。今のところ、まだ私には日本語で話しかけてくるし、本人的にも日本語のが自分の言いたい事を伝えられるみたいですけどね。周りの友達を見ていると、学年が上がっていけばいく程、どんどん英語が強くなり、親が日本語で話しかけても英語で返事が返ってくるようになるようです。

 

とりあえず日本語力を上げる為に私がやっているのは、以下の3つ。

 

1、日本語の本を一日1冊は読み聞かせ

日本に帰国した時に、友達に本を譲ってもらったり、古本屋で買ったり、とにかく日本語の本を結構家に揃えました。そして、なるべく一日に1冊は読むようにしています。先日も朝学校まで歩いていたら、

娘: 「マミー、あのお庭に切り株があるね!」

私: 「切り株なんて言葉知ってるんだ。」

娘: 「だって、おにぎりさんの本に出てくるよー。」

そうだそうだ、言われてみれば出てくるわ。お気に入りの本で何回か読んでるから、覚えてたらしい。こうやって新しい言葉を覚えていくのね、と実感した瞬間でした。

 

2、英単語が出できた時は、日本語は?と聞き返す。

学校の話をしている時は特に、会話の途中に英単語が飛び出す事が多々あります。その時、私はあえて日本語は言わず、「それ、日本語ではどうやって言うんだっけ?」と聞きます。分かる時は少し考えてすぐ言い直しますが、分からない時は「わかんない」と言うので、その時は日本語を教えます。これ、先輩ママに教えてもらったテクニック。こうする事で、子供自身が頭で日本語を考えるので、親がささっと言い直すよりも効果があるようです。確かに!

 

最近では、学校で学んできた単語も結構ありますよね。例えば、music room。当然娘は日本語を知らないので、「これは音楽室っていうんだよ。ちなみに、library も学校内にあるものは、図書館じゃなくて図書室って言うのよ。」、と先日教えました。

 

3、とにかく日本語で話そう!

うちはまだ日本語が強いので、今のところ大丈夫ですが、あっという間に英語に切り替わる時が来るらしいので、戦々恐々。その時に備えて、とりあえず旦那には申し訳ないけれど、とにかく日本語!最近はひらがなの読み書きにとても興味があるので、いい感じに進んでいます。しっかし、何説明してんだかよーく分からない時が多々あるので、「へー」と軽く聞き流さないよう、私の忍耐力がとても求められています(笑)。ここで私が踏ん張らないと、彼女の日本語力は決して上がる事はないと思うので、最近では何回か聞き直して伝えたい内容を私が理解した後、それをきちんとした日本語に直して、言い直させています。いつまで続くかな、私の忍耐。。。。

 

そんな訳で、中には稀に日本語も英語も上手にペラッペラ話す子もいますが、大半は頑張ってるし、そんなにバイリンガルに育てるって簡単じゃないんだよ!!と伝えたく、今回の記事を書きました。次回は日本語学校について書こうかなーと思っています。お楽しみに!!

 

 

.
Nadeshiko Canadaの無料メルマガ登録!
もっと色々知りたいと思ったら、是非登録して下さいね!最新情報をお届けします。
No Spam!