無料のメルマガ登録で最新情報をGETしてくださいね!

≡ Menu

カナダで主婦が仕事を見つける為に出来る事

今日は、ブログ読者の方から頂いた質問にお答えしようと思います。今回メールをくださったのは、日本にお住まいでカナダ移住に興味がある方。改めて、色んな方が私のサイトを見てくださってるんだなぁ、と感じた瞬間でした。他にも同じような状況の方がいらっしゃるかもしれないので、ここでお話しますね。   彼女から頂いた質問は以下の通り。

日本人女性でかつ、家庭を持つ、子供を持つ人がカナダで就職をするのがどのくらい困難か。

 

初めに断っておきますが、私は職業斡旋の会社をやっている訳でも勤めている訳でもないので、あくまで個人的な見解として書かせて頂きますね。   カナダで就職先を探す際のポイントとなるのは、

 

1、英語力

 

何てったってカナダですから、英語がある程度話せる事は大前提。ただ、仕事内容によって、問われる英語力が異なるのも事実。例えば同じレストランでも、キッチンに入るディッシュウォッシャーと店内で接客するウェイトレスでは、当然求められる英語力は違ってきます。まして、現地の企業で働きたいとなれば、電話に出たり接客したり上司や同僚とコミュニケーションをとる必要が出てくるので、当然高度な英語力が必要とされます。

 

2、どんな資格や技術を持っているか

 

当然会社としては、カナダ人を採用したい。その中でなぜ日本人である私達を採用する必要があるのか。そこには、あなたじゃないとダメな理由が必要です。もちろん人柄や仕事に対する真摯な姿勢も大切だけれど、まずは「何が出来るか」、そこだと思います。ウェブのプログラミングやデザイン、美容師や調理師などの職経験を持っている人は、カナダでも有利な印象を受けます。会社からワークビザ(就労ビザ)を出してもらえる可能性も高いですしね。

 

3、コネ

 

そう、いわゆる口利きってヤツです。日本以上に人脈がモノを言う社会だなーっていう印象を受けますね。もちろん、ウェブサイトにも求人情報は載っていますが、知り合いを通じてっていうのも結構聞きます。銀行なんかも、結構そうだって話を聞いた事がありますよ。私自身も以前、クラスメートがやっていた仕事の後釜として、仕事を紹介してもらった経験があります。カナダに着いたらせっせと人脈を作る、これかなり重要です。 一応参考までに、職探しに役立つサイトをご紹介しておきますね。

JPカナダ(ワーホリ向けのアルバイト多し)

人材カナダ(企業採用もあり)

Craigslist (現地の人が利用するサイト。エリアは自分の住みたいエリアを指定してくださいね)

 

1521655_10152242440566744_2775460524144745792_n

 

 

 

 

 

 

 

 

(*先日の旅行から一枚。バンクーバーアイランドがとっても綺麗でした!)

 

さて、それで本題の質問に戻りますと。

日本人女性でかつ、家庭を持つ、子供を持つ人がカナダで就職をするのがどのくらい困難か

これは一口には言えません。英語力があって、手に職がある人であれば、比較的見つけやすいと思います。私の周りを見て思うのは、家庭を持っているか、子供がいるかはあまり関係ないという事。それこそ、結婚していて子供が3人いて、バリバリ働いているすごい女性も知っています。日本に比べて残業がそこまで多くないカナダは(プライベートを大切にするお国柄なので、日本のように遅くまで働く人は多くありません)、比較的主婦&ママでも働きやすいと思います。

 

ただ、現地の企業でフルタイムで働く女性というのは、みんなカナダのカレッジなどを出て、こちらで通用する資格を持っている人が多いと感じます。学校で必死に勉強もしているから、当然みんな英語も上手です。仕事でちゃんとしたポジションと給料を得ようと思うと、それなりにお金をかけて勉強をして、資格を得る必要があるという事ですね。日本でOLとしての職歴だけだと、やっぱり日本食レストランや日系の会社で働く可能性が高くなると思います。もちろん、やる気と努力次第ですけどね。お給料や福利厚生は、やっぱり現地企業のが上かなって気がします。

 

最後にもう一つ。カナダの大都市、トロントやバンクーバーだと、私のように結婚して移民権を持っている女性というのが、結構います。ワーホリの時感じたのは、結構な確立で募集要項のところに、 「移民権、市民権をお持ちの方に限る、または優先」 と書いてある事。ワーホリだと長くても働ける期間は1年。学校などへ通えば、働ける期間はどんどん短くなります。となると、移民権を持っている人と対等に勝負するのは難しいという事です。そういう事情もあるから、ワーホリの人は職探しの幅が狭くならざるを得ないのかな、と思ったりもします。

 

「カナダに移民したい!!」、そう思うのであれば、

  • 30歳以下であれば、ワーホリ申請し、まずは働いてみる。とにかくワークビザを出してくれそうな会社を探す。その際、大都市以外にも目を向けて。
  • もしくは、お金を貯めてカナダの公立のカレッジなどで専門スキルを学ぶ。

 

ここが重要かなーという気がします。そんな私自身も、子育てがひと段落したら、真剣に資格取得に向けて勉強しようかなぁ、なんてここ最近考えています。これからの人生をカナダで生きていくのなら、やっぱりお金と人生設計って大切ですからね。

 

*ブログランキングに参加しているので、是非アイコンをクリックして、ご協力お願いします!楽しんで頂けたら、FBやTwitterでもシェアしてくださると嬉しいです。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

にほんブログ村

.
Nadeshiko Canadaの無料メルマガ登録!
もっと色々知りたいと思ったら、是非登録して下さいね!最新情報をお届けします。
No Spam!