無料のメルマガ登録で最新情報をGETしてくださいね!

≡ Menu

カナダでの日本語ナンパにはご注意!

みなさん、こんばんは、なでしこカナダのTomokoです。

 

映画の影響が多分にあると思うんですが、海外での出会いって、街中で気に入った女性を見かけると男性がさりげなく声をかけて、そこから恋愛が始まる。。。、といった、要は軽いナンパ形式を想像しがちです。まぁ、知らない人でも割合気軽に話しかけるお国柄ですからね。

 

私の知り合いのカナダ人カップルで、とっても穏やかで素敵な二人がいます。「結婚してから喧嘩したことないなぁ。だって理由がないんだ」と言うくらいの仲良しカップルですが、彼らの出会いは何と、「コーヒーショップで前後に並んでいて、そこで会話を始めたこと」がきっかけだそう。聞いた時は、いやぁ、まるで映画のようだなー、と思いました。

 

カナダにワーホリや留学で来て、ナンパされたり声をかけられた経験を持つなでしこは多いと思います。中には、そこから結婚に至った方もいるかもしれませんね。私の友達でも、クラブで声をかけられ結婚した女性がいます。カナダでは、クラブやバーは立派な“出会いの場所”として認識されてますもんね。私も友達は、まさか本当に結婚に至るとは思ってなかったようですが(笑)。ちなみに、とっても素敵な旦那さんですよ。

 

こんな話をすると、「あれ、じゃぁ、私もカフェやクラブへ行ってみようかしら♪」となるかもしれませんが、やっぱり危険な男性がいるのは事実。そこは日本でもカナダでも同じです。カフェはまだいいですが、やっぱり夜遊びはお酒(カナダでは、マリファナも多いです・・・)も絡んでくるので注意が必要です。

 

でも一番気をつけた方がいいのは、実は日本語のナンパだと私は思ってます。

 

カナダには実際、日本にちょっと住んでいたりして、日本語が少し話せる男性も少なくありません。それはそれでいいと思うんです。ただ、

日本語が話せる=日本人の女を落としやすい

と思ってる人も多いんですよねー。日系サイトの掲示板を読んでいると、「この男性注意!」なんてタイトルをちょこちょこ見かけます。ナンパの他に、部屋を借りてトラブルが発生しているケースもありますね。ワーホリでまだカナダ滞在が短い方は、こういう情報はちょっと頭に入れておいた方がいいと思います。

 

というのも私、恥ずかしながら経験があるからなんです(苦笑)。

 

カナダにワーホリで来て、まずはトロントへ飛んだ私。学校はカナダに到着してから決めようと思ってたので、着いてからはB&Bで知り合いになったお友達は数人いたものの全員日本人。英語もそんなに使う機会はなく、時間も結構あったので、正直手持ち無沙汰だったんだと思います。到着して1週間くらいでしょうか。日本人の女の子とコーヒーを飲みに行きました。ちなみに、真昼間ですよ。

 

そしたら、後ろのテーブルに座っていた男性が、日本語で話しかけてきたんです!結構上手な日本語で、しかも日本で暮らしていたという場所は、私の出身地の近く。10分くらい話した後、「あ、そろそろ行かないと。ミーティングの時間だ。連絡先、教えてくれませんか?」、そう言いました。風貌もそんなに怪しくはなかったので、ちょっと悩みましたが、まぁいいか、と伝えました。

 

数日後電話があり、週末に会う事になりました。昼間だし、別にお茶するくらい、そんな感じです。

 

その後ちょうど学校が決まった私は、偶然今度はクラスメートの女の子と、また同じコーヒーショップ(カナダといえばここ!という場所です 笑)へ行きました。時間帯も学校が終わった後だったので、前回と同じくらいの時間。

 

席を探しに奥の方へ行くと・・・・、なんとまたその彼がいるではありませんか!!

 

え??!!と思いながら、ちょっと離れた席へ座り、友達に一連の話をしました。「なんか怪しいねぇ」、そんな話をしている最中、なんとその彼が私たちのテーブルへやって来ました!「Hi, Tomoko」と言われるのかな、と思いきや、なんと言ったセリフはこれ!!

 

「ボク、ムカシ、ニホンニリュウガクシテテ、スコシハタライテマシタ。ニホンゴガキコエタノデ、チョットハナシテモイイデスカ?」

 

これ、前回と全く同じセリフですけど?????!!!!!

 

私はしばらく沈黙した後、

「私、Tomokoです。週末遊びに行く約束をしてるはずですが何か?」

と言いました。もちろん、怒・怒・怒です。

 

彼は一瞬間を置いて、「・・・・・」となった後、ソーリーと言って去っていきました。もちろん、その後は連絡はありませんでした。当たり前じゃ!!

 

その後友達とは大爆笑。本当にビックリしましたが、変な男と週末に会わなくて良かったなぁ、としみじみ思いました。そして、身をもって日本語のナンパは危険だ!と感じました。

 

その後、学校でその話をしたら、なんとクラスメートの女の子もその男性に声をかけられていました。そして後日、日系サイトの掲示板で偶然彼のトピックを発見!まぁ、被害者の多い事ったら。。。決まって、出没してるのはそのコーヒーショップだった様子。どうやら、結構有名(?)な男性だったみたいです。でも、カナダに着いたばかりのあの時の私には、知る由もありませんでした。トロントだと、次から次へと、ワーホリや留学生がやってくるので、数打ちゃ当たるという感じだったのかもれません。まさに引っかかった私・・・・。がーん、恥ずかしい。

 

こんな話をしてから言っても、とっても説得力に欠けると思うんですが(苦笑)。私はこう見えても、日本では友達から

「男性をちゃんと見極める」

と言われてました。遊び人の男性が見極められない友達からは、「ちょっと会ってみて」と言われるほど。はい、説得力がないのは十分わかってますが、でもそうなんです(笑)。

 

海外へ来たばかりの時は、良い意味でも悪い意味でも冷静さを失うんだと思います。過去に留学経験があり、かなり旅慣れてるはずの私でも、やはり1年のワーホリとなると、着いたばかりの時のテンションは違いました。何より短期の旅行ではないですし、基本一人です。興奮と共に、不安や心配、ふとした寂しさがあるのは事実です。

 

1ヶ月、2ヶ月と滞在期間が長くなってこれば、それに伴い知り合いも増え、コミュニティーも広がってきます。でも、学校が終わると、また「私、これからどうしよう・・・」、そう考え、漠然とした不安や孤独感を感じる事も出てきます。日本にいると絶えず家族や友人がいますが、カナダに来ると、そういう訳にはいきません。せっかく出会って仲良くなったお友達も、留学期間を終えて帰っていく人達もいますから。

 

孤独や寂しさは、時に人の判断を狂わせます。仲良しだった子がみんないなくなって寂しいなぁ、そんな時に、カナダ人の男性から日本語で声をかけられたら、暇つぶしに会ってみようかな、そう間がさして思ってしまうかもしれません。まさに私のケースのように。

 

もちろん日本語が話せるカナダ人男性を、全員否定している訳ではありません。私の知り合いでも、旦那さんや彼が日本語がペラペラで、とっても仲良しカップルは大勢います。

 

ただやっぱり、街中で日本語でナンパしてくるという事は、明らかになでしこ狙い。本当に日本語が話したくて、日本人と仲良くなりたいのであれば、ナンパ以外にも色んな手段があるはずです。こういう男性は、絶対に「あなただけ」に声をかけている訳ではないです。余計なトラブルを避ける為にも、こういうナンパは相手にしない。それが一番だと思います。

 

もし周りに、カナダに留学にきたばかりのお友達がいるようなら、是非この情報、シェアしてあげてくださいね。私の恥ずかしストーリですが、知ってて損はないです。自分の身は自分で守る、これが海外生活の鉄則ですからね。

 

 

.
Nadeshiko Canadaの無料メルマガ登録!
もっと色々知りたいと思ったら、是非登録して下さいね!最新情報をお届けします。
No Spam!