無料のメルマガ登録で最新情報をGETしてくださいね!

≡ Menu

カナダと日本の出生届

無事に出産が終わっても、今度は様々な行政手続きを進めていく必要があります。体を休めながらも漏れなく手続きしておきましょうね。特に、国籍取得の問題にも関わってくるので、カナダ側にも日本側にもきちんと届けを出す事。出生後3カ月以内に日本国大使館・総領事館に届け出ないと、生まれてきた赤ちゃんは日本国籍を失ってしまいます。大抵の場合、出産入院中に病院側から必要書類としてまとめて渡されます。よく目を通しておいてくださいね。

 

カナダ側への届け出

Newborn Registration Service を利用すると、アルバータ州、BC州とオンタリオ州の場合は、(2)(3)(5)の3つをまとめて済ませる事ができます。州により違いがありますので、詳細は上のサイトをチェックしてくださいね。

以下が必要書類一覧です。詳細はServiceCanadaでも説明されているので、詳しくはここを確認してください。

  • Employment Insurance Maternity and Parental Benefits(出産・育児休暇手当)
  • Birth Registration(出生届)
  • Birth Certificate(出生証明書)
  • Care Card(健康保険証:BCメディカル・ケアカード、OHIPなど)
  • Social Insurance Number(SIN)
  • Canada Child Tax Benefit(CCTB:育児給付金)

 

日本側への届け出

  • 出生届け2通(父又は母が戸籍の筆頭者でなく、出生により父又は母の従前の本籍と異なる市区町村に本籍を設ける場合は 3通)。大使館・領事館備え付け。サンプルが入手できれば、事前に書いて行き、出向いた時にチェックしてもらうと時間短縮になる。出生証明書(医師に書いてもらい、サインと日付入りのものを2通。また翻訳したものも2通)。ホームページからダウンロードできる。
  • カナダの出生証明書(念の為)。
  • 自分の日本国籍を証明するパスポート。

 

詳細はそれぞれ、各提出先の領事館のホームページをチェックしてください。出生証明書の書式も異なります。出産後は育児でバタバタしますが、3ヶ月以内に必ず済ませましょうね。以下は領事館のホームページです。

.
Nadeshiko Canadaの無料メルマガ登録!
もっと色々知りたいと思ったら、是非登録して下さいね!最新情報をお届けします。
No Spam!