無料のメルマガ登録で最新情報をGETしてくださいね!

≡ Menu

日本で外国人の彼と結婚する場合

外国人のパートナーと結婚し夫婦となる場合、日本で婚姻届を出す方法と、カナダで婚姻届を出す方法と2種類あります。ちなみに私は、主人とは日本で結婚式をし、日本で籍を入れました。なお日本国籍を持たない彼は、戸籍の備考欄に名前が記載されているだけですが(笑)。

 

ここでは日本で婚姻届を出す場合について説明したいと思います。ただし市町村により多少必要書類など変わってくる可能性があるので、一度必ずご自身で役所へ確認してくださいね。そしてもう一点。日本入国に際して、ビザを取得する必要のある国というのがあります(→ビザ免除国のリストはこちら)。移民が多く集まるカナダ。彼の国籍がビザ免除国になっていない場合、予め日本領事館でビザ取得が必要です。こちらも気を付けてくださいねー。結婚式ができなくなっちゃいますから!

 

日本人側:

  • 婚姻届書(用紙は日本の市区町村役場にて取得)
  • 戸籍謄本(本籍地の市区町村役場に婚姻届出する場合には不要)
  • 印鑑(婚姻届書に押印した印鑑)

 

日本人でないパートナー側:

  • 婚姻要件具備証明書(婚姻できる年齢に達していること,独身であること等の条件を満たしている事を証明する書類)
  • 国籍証明書
  • 上記の書類の日本語訳文(誰でも翻訳は可。ただし訳文の書類に、訳者の住所・氏名の記載が必要)
  • 婚姻届書

 

以上が、一般的に必要となる書類です。ただし国によって、婚姻要件具備証明書が発行されていない国もあるようです。参考に法務省の国際結婚のページを載せておきますね(→こちら)。その場合は、別途申述書を書く事となります。また、婚姻届の提出方法は、直接役所へ届出る方法と、郵送との2種類があります。直接届出の場合、国籍証明書の代わりに、パスポート(原本持参&コピーと翻訳文、この翻訳文も当事者で可)を持っていく事になります。

 

婚姻届書の書き方も、本籍など持たない外国人の場合(実際には戸籍というシステムを持つ国の方が少ないそうです)、日本人とは記載方法が異なります。日本人同士の結婚の場合、大抵は女性が男性側の戸籍に入る形で、新しい戸籍が作成されますが、外国人の場合、戸籍を持たないので、日本人であるあなた自身が戸籍筆頭者となり、パートナーは備考欄に国籍と名前等が記載されます。

 

大抵の場合、結婚をしたら、次は永住権の申請へと移っていくと思います。ですから、なるべくスムーズに手続きを短期間で進めたいですよね。日本での結婚の場合、パートナーの出身国から書類を直接取り寄せしなければいけないケースも出てきます。ですから、どんな書類が必要なのか、余裕を持って役所へ確認しておきましょう。万が一書類の不備があって、日本にいる間に手続きが完了しなかった場合は、一旦カナダに戻り書類を取り付けてから、改めて役所へ書類を郵送、もしくは日本の家族に直接持っていってもらう事となります。その際、その他の揃っている書類だけを婚姻届出時に提出しておくと、不備書類が提出され次第、婚姻届提出日に遡って、婚姻の日にちを戸籍に登録してくれます。

 

その後、英語のmarriage certificate が必要な場合は、日本の新しい戸籍などを持って日本大使館・領事館へ行くと、英文のものを発行してもらえますよ(有料)。必要書類は大使館への確認してください。なお、パスポートの苗字も大使館・領事館で変更手続きが出来ます。

.
Nadeshiko Canadaの無料メルマガ登録!
もっと色々知りたいと思ったら、是非登録して下さいね!最新情報をお届けします。
No Spam!