無料のメルマガ登録で最新情報をGETしてくださいね!

≡ Menu

カナダの結婚形態の種類

日本で結婚と言えば、婚姻届を出す結婚が基本ですが、カナダには実に3種類もの結婚形態があります。

 

大まかに説明すると、

  • 日本と同じ形式の結婚
  • 内縁(同棲)関係を結婚同様に認めるもの
  • 何かしらの理由で同棲はしていないものの内縁関係にあるとするもの

 

それぞれ順に

  • 結婚(Marriage)
  • コモンロー(Common-law)
  • コンジュガル(Conjugal)

 

と呼ばれます。

日本と大きく異なる点は、結婚以外の二つでも、結婚同様の権利や保障が法律で認められていることでしょう。

 

カナダで結婚式を挙げ、婚姻の手続きを行った場合ですが、在カナダ日本大使館・領事館に正式に届け出をすれば、日本の戸籍上も婚姻関係が反映されます。忘れてしまうと日本では独身のままとなってしまいますので、忘れずに最寄りの領事館へ連絡を入れましょう。

 

二番目のコモンローとは、日本で言う「事実婚」に当たります。カナダにおいては、結婚と同じ権利や保障が認められていますが、日本の戸籍上はあくまで「独身」扱いとなりますので、注意が必要です。

 

実はカナダの男性、結婚に興味がない人が多いです。というのは、このコモンロー制度がある為、どうせ結婚と同じ権利が認められてるなら、わざわざ結婚というシステムにこだわる必要はないじゃないか、となる訳です。日本人の場合、やはり結婚して籍を入れたい、そう思う人が多いでしょう。場合によっては、彼と話し合う必要が出てくるかもしれません。

 

コモンロービザ申請に際しての条件は、

 

  •      1年以上同棲していること

(※最初の1年は、特別な場合を除いて継続した状況でなければいけません。離れれば別れたとみなされ、そこから数えなおしとなります。)

  •     2人が結婚同然の生活をしていることの証明が必要。銀行のジョイントアカウント(共同口座)やレンタルアグリーメント(一緒に借りているという証明)、同一家計の証明や知人などの証言等、様々な書類が必要となります。

 

なお、正式な事情(例えばビザの関係により同居が出来ない)などにより、この同棲条件を満たせない場合が、三番目のコンジュガルとなります。

.
Nadeshiko Canadaの無料メルマガ登録!
もっと色々知りたいと思ったら、是非登録して下さいね!最新情報をお届けします。
No Spam!