無料のメルマガ登録で最新情報をGETしてくださいね!

≡ Menu

バイリンガルに育てるって難しい!!

私も昔そう思っていたし、日本にいる私の親戚や友達は、ほとんどみんなそう思ってると思うけれど、

 

海外に住んでいれば、自然とバイリンガルになる

 

これって実は全然違うと、実際に海外で暮らしていると実感します。カナダに住んで子育てしてるっていうと、決まったように、

「あら、じゃお子さんは、英語と日本語両方話せていいわねー。」

って言われますが

「そんな簡単じゃないぞー!!」

って、声を大にして言いたくなる時が多々あります。

[click to continue…]

カナダの高校生活を垣間見るドキュメンタリーが面白い!

screen-shot-2016-11-21-at-9-39-31-pm

我が家の娘達は、まだ5歳と1歳なので、遠い遠ーい先の話ですが、道でみかける高校生たちは、まるで日本の大学生のよう。大きな理由としては、公立学校のほとんどは制服がなく私服だからだと思います。ま、日本の学生に比べると、至ってカジュアルですけどね。でも、カナダの高校って、私にとっては未知の世界。何となくみんな、大人の雰囲気を漂わせてますよねー。私がアメリカのテレビドラマの影響を受けすぎかもしれないけど、なんかみんな色々経験してそうだし。。。はー、今から自分の娘の心配をしてしまう。はい、早すぎね(苦笑)。

[click to continue…]

海外永住者はJRパスが使えなくなる!

jr02a

実は私はまだ使うチャンスがなくて、利用した事がないんですが、日本に帰省した際に人気なのがJRパス。本来は日本を訪れる外国人観光客用のものでしたが、海外永住者も使えるという事で、このパスを利用して日本観光をしていた人もきっと多いと思います。新幹線ののぞみ号が使えないなどの条件はあるものの、格安でJR乗り放題というのは、やっぱり魅力的ですよね。私も子供たちがもうちょっと大きくなったら、これを使って色々日本の見所に連れてってあげたいなー、と思ってたんですが。。。

[click to continue…]

ハロウィーンとパジャマデイ

halloween2

今週、ハロウィーンでしたね。娘が学校に入って初めて体験するハロウィーン。親子共々、とっても楽しみにしていました。直前にハンナが風邪をひいてしまい、どうなる事かと思ってましたが、無事に回復して楽しめて良かった! [click to continue…]

女の子特有の仲間外れ。私がもらった親としてのアドバイスの仕方

hanna-with-bear

幼稚園の年齢になると、女の子の間でグループが出来始めるのは、日本もカナダも同じ。女子特有のグルーピング、面倒ですよねぇ、正直(苦笑)。周りからも、

娘がいると、キンダーに行き始めた途端、その手の悩みが出てくるよー

と言われてましたが、本当でした。。。。実は私も、幼稚園の時の記憶があるんですよね。幼稚園バスに乗る時、本当は仲良しのA子ちゃんの隣に座りたいのに、同じクラスの女子グループが違う所に座ってて、「こっちにおいでよ。」と誘ってくれてる。子供ながらに、「うーん、もし断ると、今日クラスで何となく嫌だな。」と判断し、本当はA子ちゃんの横に座りたいのに、諦めて女子グループの方に座ってた記憶が。意外と気を遣ってたのね、あたくし。

[click to continue…]

先生によって結構違う授業内容

54116916 - happy children in a multi ethnic elementary classroom.

ハンナの学校が始まって、もうすぐ1か月。最近ようやくペースがつかめてきたかな、という感じです。それでももう、毎朝バッタバタ。お弁当はほぼ前の晩に作っておいて、朝やるのは、おにぎりをにぎるのと、リンゴを切る位にしてますが、それでも子供の朝ご飯と出かける準備&自分の支度をすると、1時間ちょっとは結構カツカツ。学校まで毎日送るのも、結構大変ですね、やってみると。これがこの先、エミリーも学校に入る事を考えると、10年近く続くのかー。。。いやはや、頑張らないと、かあちゃん(苦笑)。

[click to continue…]

学校の様子を子供から聞き取る、魔法の言葉

hannna-kinder

キンダーが始まって早3週間。ハンナがフルで学校へ通い出してから、もう丸っと2週間。いやいや、想像してた以上に大変でしたねー。子供もそうですが、私自身も毎朝早く起きて、お弁当とスナックの用意、そして学校や担任の先生からの連絡事項を漏れのないようにこなし(長い英文の時はきつい・・・)、あと、クラスメートのお母さんに少しでも話しかけてみたり。毎日が本当にチャレンジの連続でした。幸い母親が日本から2週間遊びに来てくれていたので、かなり助けてもらえましたが、今日帰ってしまった(涙)。

[click to continue…]